2010年 09月 07日 ( 1 )

プロデューサー

今夜は、開運成就の法則というお話を聞いてきた。こんなこと言ったら怪しいって思う?そうよねー。でも話してくれたのは、長渕剛のプロデューサー。彼のお話は、人としての器を広げるのに、すごくためになるお話。
人と比べる気持ちがなくなったとき、自分のシートにたどり着いたこと。
人と比べるときは成長。自分と向き合った時、進化。
今日心に残ったフレーズ。

そして、最近読み終わった本、「やらなくてもいい、できなくてもいい」の著者、四角大輔さんも、CHEMISTRYや平井堅のプロデューサー。
「デキる人」とは、すべてをこなせる万能人間のことではありません。
目の前にある仕事や課題の中から、好きになれるところを見つけ出せる人。
そしてそれを迷わず自分らしく、愚直なまでにやり抜ける人こそが、本当の「デキる人」なのです。

プロデューサーを職業とする私は、学ぶことがたっくさん♪
[PR]

by bread_smells | 2010-09-07 23:37