2008年 12月 24日 ( 1 )

火事

昨日のパーティー終わってご機嫌さんでマンションに戻ってきて、車から部屋へ荷物を持ってきたとき、なんとなく煙を感じた。なんだろうね?って主人と話しながら、玄関に荷物を置き、また外を見る。すると、下から煙が!下のお部屋からか?って思っていたら、違った・・。隣の木造一軒家からの煙だったの。瓦屋根の隙間から見る見るうちに大量の煙が出てきた。これって、火事??
私はこんなに近くで火事を見るのって初めてだったの。急いでその家に駆け寄ると、何人かの人も集まってきた。すでに消防署には連絡済だったようだ。主人も消火器持って行ったりして消火活動に加わったけど、もうそんなことで収まるような状態ではなかったらしい。
そして消防車がいったい何台来たんだろう。たちまち煙はうちのマンションが見えなくなるくらいにまで立ち上る・・・。素晴らしかったのは、消防士さんたち。さすがだね。勇敢に仕事している姿は、すごかった。私の友達の旦那さんが消防士さんで、彼と前日電話で話したばかりだったので、彼もこういうお仕事をしているんだなーと想像が出来た。
1時間くらいしてなんとか落ち着き、私たちも部屋へ戻る事にした。すると(>_<) お風呂場の窓があいていたのねー。なんと、部屋の中の空気が真っ白。空気清浄機三台にフル稼働で、頑張ってもらった。
人って、寝てるときでも呼吸を止めることなく続けている。しかも、起きているときよりも深く。起きているときに例えば道路わきを歩いて空気が汚かったら、口を覆うじゃない?でも、寝てるときはそうはいかず、その場の空気を思いっきり吸っている。だから、火事になったら、その場の空気を吸って死に至る可能性が高いらしい。目に見えない空気、まだまだこの空気を大切に考えている人は、少ないのが現状・・・。
[PR]

by bread_smells | 2008-12-24 23:37