どこを見て生きてる?

今日は都内でお金のお勉強に参加してきた。折角出かけたから、2箇所ほど掛け持ちしてみた。そしたら、面白かったな。最初のは人数が少ない場所で、次のは4-500人くらいが集まる会場。本当にたくさん!って感じだった。
あーいういつもと違う場所に行くと、世の中、今現在の仕事とは別に、お金について考えている人って多いんだなってつくづく思う。こういうのを見ると、世の中が2極化っていうのがわかってしまう。特に帰りの電車で、電車の中からホームに下りて帰っていく人たちを見ていると、今の仕事、楽しそうではないけど、それだけをやってる人たちだなというのは、なんとなく見てわかってしまう。それがいいとか、悪いとかの問題ではなく、どこを見て生きているのかという視線が生き方に現れている気がした。
[PR]

by bread_smells | 2007-08-02 23:37