タイトルではないお付き合い

今日は経営者の方と代々木上原の素晴らしいお宅へ行ってきた。なんだかものすごく大きな視点からのお話をたくさん聞くことが出来て、私、本当にラッキーでした(^^)
その中で、こんなことが話題になったの。
例えばお医者さん。患者の病気を改善させてあげて、ありがとう!って言われるけど、そこから友達に発展することは、なかなかないよね。なんとか先生!って尊敬されて呼ばれるけど、一緒に飲みに行こうとはなかなかしないよね。その場だけのお付き合いっていうのかな。だから、世の中のお金持ちって、実は結構孤独だったりする。でも、そこに同じ価値観が存在し、共通点が存在すると、「先生」という呼び名、「社長」っていう呼び名から、その人個人の名前で呼び合ったりする。そこには、タイトルとは無縁の人間関係が存在するのよね。
そして、夜は友達がうちに来て、西遊記の話になった。最近の西遊記では、香取信吾が、わがままに生きながらも、仲間が大切なんだっていう事に気づいて、(なかまとは言えずに、なまかって言ってたらしいけど・・・)仲間に何かがあると、助けに飛んでいったんだって!
時代は、人間同士、個人と個人。お付き合いには、デジタルではないアナログが大切な気がする。
[PR]

by bread_smells | 2010-04-30 23:37