かますの体験

昨日の続きなんだけど、雪の中、ただ車の中でじっとしていただけなのに、学ぶことはたくさんあったんだよね。
一番の学びは、「野生のかますの話」って、知ってるかな?水槽の中にかますを入れて、真ん中にガラスを置くの。かますはそのガラスに気づかないから、反対側へ行こう行こう!って泳ぐんだけど、なぜか頭を見えないものにぶつけるんだよね。それを何度も何度も繰り返すとね、さすがのかますも学んで、あっちへは行けないんだって思うんだって。もう向こうへ泳がないらしい。そして、ガラスを取り出し、野生のかますを水槽へ入れると、ガラスがないわけだから、そのかますは、あっちこっち自由自在に泳いでいる。そのかますを見ながら、行かれないって思っていたかますも動き出すっていう事。これって、自分の身をどの環境におくかっていう話なんだよね。
夕べ私たちが動けなくなって2時間たったころ、左側の車線をたくさんの車がスーッ、スーッって走っていったの。最初はチェーンつけてるといいなとか思っていたんだけど、あまりにもたくさんの車が走るもんだから、もしかしたら、私たちも動ける?イヤ、動いてもし他人に迷惑かけても申し訳ないって思い始め、また暫くして、でもやっぱり動いてみよう!走れるかも!って動き始めたのよ。そしたら、なーんと、動けて結局自力で帰ってこれたという体験をしたの。
周りのみんなが走ってるんだもん!私だって走れるって思う環境に常に身を置く。目の当たりにした体験でした♪
[PR]

by bread_smells | 2010-02-02 23:37