ボーダーレスではなく

今夜は、雅楽の東儀秀樹さんの講演「全てを否定しない生き方」&ライブを聞いてきた。彼、50歳と聞いてびっくりしてしまいました・・・。
以前からいいなとは思っていたんだけど、今日改めて彼の生き方、考え方を聴き、すっかりファンに。そして、音楽もステキだったけど、お料理も好きらしいよー。あの年代のステキな男性は、お料理も好きな人、多いよね!近々料理番組にも出演するらしい。
彼が言ってた。「目的もなく1歩1歩を十分にかみしめる生き方、普通のことを普通に満喫しよう」って。
これは、先日私が読んだ小林正観さんの本に書いてあったことと一緒だなー。なんて思いながら聞いてました。
今世の中は、ボーダーレスっていう言葉があるけど、彼はそうではなく、ボーダーの中を守りながら、そこを飛び越えてつきあうっていう表現をしてた。ボーダーがなくなると、全部がまったりしてしまうから。それぞれの文化や個性は生かしつつ、それを越えて付き合う、これがいいって。私もそれ、いいなーって思ったな。ボーダーの中をしっかりわかっているからこそ出来ること。とにかくステキな大人でした。
[PR]

by bread_smells | 2009-12-03 23:37